Entries

ヤマメを求めてプチ遠征

4月19日
岐阜の川はアマゴのフィーバーが終了したようなので、H君と相談。
県外へプチ遠征を決めます。
チョット理由があって、場所は内緒。(5月の連休明けに公開します)
ここは所属クラブの会長や友人と昨年釣ったところです。
漁協の努力もありきれいな魚が釣れます。
まずは最上流部の本流に決定。
P4190005.jpg

7時開始。川が広いのでH君左岸、私は右岸から釣り上がる事にします。
山にはまだ残雪があり、水がとても冷たい・・・・
餌はクロカワムシとヒラタ。
何度か流しますが反応がありません。
対岸のH君の竿が満月のようにしなります。おおっ・・・・大物か?
抜かずにすくい込んでいます。でも・・・あまり大きくはなさそう。
後で聞いたのですが、前回の釣りで本流竿を破損したので予備竿を使用。
柔らか過ぎて抜けないのだとか。
私にも待望のアタリ。16cmのきれいなヤマメです。
上流に移動、瀬の芯を流します。大石の横でアタリ!!同サイズをゲット。
その後、落ち口の受けで3連荘で釣りますが、皆同サイズ・・・・
大きいのはおらんのやろか。
この後ボツボツ釣れますが、上流に行くほどアタリがなくなり、好天気で水温も上がってきたので
最初のポイントに戻って流しなおす事にします。
この行動が正解で朝流したところで食ってきます。
しかも一箇所で数尾釣れます。
11時まで釣って16~19cmのヤマメ18尾。
H君は16~21cmを9尾。
P4190002.jpg

早めの昼食をとりながら、第2ラウンドは何処へ行くか・・・・
初めてだけど、この川の大きな支流に行く事に決定。
途中本流でクロカワムシを取りますが思うように増えません。
何とか今日の分はゲットしましたが、汗が噴出します。
あ~しんどい・・・
地図とナビに頼り、進みますがあまりにも上流に行過ぎてUターン。
下流に向かう途中、川に降りる道を発見。
ウロウロしても時間の無駄なので、ここで釣る事に決定。
H君が上流を希望したので、私は1㎞下流から入川。
川幅は10m位あり本流竿が充分振れますが、両岸に葦が生えており川原がないため
川の中を釣りあがる事に・・・・
石が大きく、ヌルヌルで歩くだけでも疲れそうです。
瀬の芯を流すといきなりアタリます。18cmのヒレピン。
な~んだ。いるじゃないとホットします。
岸よりのポイントは踏み荒らすので良いポイントに狙いをつけて
川の中を右往左往。
2尾目もすぐに釣れますが、この後大苦戦1時間半で3尾。その後1時間反応もありません。
H君に電話をするとボツボツ釣れるとの返事。
結局2時半までに3尾のみ。
H君16~21㎝を9尾。
川の中を釣り上がったため、ひざに疲労を感じます。

・・・・・続く・・・・・

応援ポチッとお願いします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trskawai.blog92.fc2.com/tb.php/41-0ca02b58

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

trskawai

Author:trskawai
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード