Entries

シマノジャパンカップ板取川予選の2回戦(決勝)

・・・・・シマノジャパンカップ板取川予選の続き・・・・・

決勝は46名で2時間勝負。

西日本大会進出は13名。

通過尾数はオトリ込み8尾と予想。

幾度となく阻まれた登竜門です。

さて・・・・どこに入るか・・・う~ん・・・予選に入ったポイントはリスクが高い。

入川順は7番目なので、下橋上流の瀬に決めます。

オトリをもらいスタートです。

左岸の瀬落ちのたるみに、川底の明るいところを発見。ここに決めます。

開始まで15分あり、しばし休憩。
P6140027.jpg
上流はこんな流れです。
P6140029.jpg
こちらは下流の流れ

対岸には同じクラブのライバルF氏がいます。この人、荒瀬・激流が大好物。腕も確かなナイスガイです。

P6140028.jpg

ホイッスルが聞こえませんが、時間となり皆始めたので私もハナカンを通します。

目を付けていた川底の明るいところに送り込みます。

おおっと掛かりました。15cmのきれいなアユ。エラ掛かりで血が出てます。

これをオトリに送り込むと目印が引き込まれ、同サイズの背掛りです。

ここまで開始2分、どれだけ釣れてしまうのだろう・・・・・う~ん・・・甘くありません・・・・

45分で4尾。迷いが出ます。

ここで粘るか。小移動で探るか。思い切って予選のポイントまで大移動するか。

結論は大移動に決定。

約500m上流に向かいます。

予選のポイントは誰もいません。広範囲に探りますが反応がありません。

ようやく掛かったのは11センチの小魚。鮎だと確かめて引舟に入れます。

う~ん・・・このままではイカン・・・気になっている急瀬に移動します。

ここは底石があまり大きくなく、勾配がきついためオトリを慎重に流れに馴染ませます。

ゆっくり引き上げては、下流に戻す操作を繰り返します。

うん・・・・オトリが流されます。

いや口掛りの15cmです。

ここでタイムアップ・・・・・結果論ですが最初のポイントで粘ったほうが良かったかも・・・・

応援してくれたN氏にお礼を言って本部に戻ると、同じクラブのI氏がニコニコしています。

込みの11尾釣ったとの事

気になるボーダーラインはオトリ込み7尾以上6尾の選手は早掛けで1人通過。

う~ん8位通過です。チョットうれしい

ev09_jcup_ayu_chubuA02.jpg

I氏は準優勝です。

本日の釣果15尾でした。

21日はスポニチの大内山予選です。

初めて行く川なので・・・・どこを釣ればいいのやら



応援ポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
釣りブログに参加しています。ポチッと応援お願いします。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trskawai.blog92.fc2.com/tb.php/62-0be4a4d4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

trskawai

Author:trskawai
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード